ダイエット

食べてないのに太ってしまう原因は自律神経の乱れにあり|交感神経と副交感神経のバランスを正常に保つことが大切!

食べてないのに太ってしまう原因
Pocket

全然食べていないのに全く痩せない。ほとんど食べてないのに体重が増えるってどういうこと?

そんな人はそういう体質だから、と言ってしまえばそれまでです

しかし、日ごろの生活習慣やその他様々な原因が潜んでいる場合もあります

食べ過ぎているわけでもないのに太ってしまう人は、一体なぜ太ってしまうのか原因を調べてみましょう

食べてないのに太る原因

そんなに食べた覚えがないのに太ってしまうという人の中には、体質や加齢のせいだと諦めている方も多いのではないでしょうか?

食事制限や運動など色々なダイエットを頑張っているにもかかわらず、全く効果が出ない。
それとは逆に同じように食べていても痩せている人もいます

肥満の人の約7割は自立神経の乱れにより、交感神経の働きが衰えているのではないかと考えられています

交感神経は活動量の多い昼間の間に活発になり、内臓の働きをコントロールする自律神経の一つです

交感神経の働きによりアドレナリンという心身ともに活発にさせるホルモンが分泌されます

アドレナリンは脂肪を燃焼させ、やる気を起こさせる役割があるので毎日を活動的に過ごす方には欠かせない物質なのです

それとは反対に夜に必要になるのは、心身ともにリラックスさせてくれる副交感神経です

このバランスが崩れてしまうと、体はどのようになるでしょうか?

昼間に活動するべき交感神経が働かなくなると活動量が減り、その分消費カロリーも減ってしまいます

その結果分解されるはずの脂肪を分解出来ずに、ドンドン体に溜まっていってしまうのです

日中は交感神経、夜は副交感神経、この2つの自律神経が交代で働いていると脂肪をため込まないので、自然と太りにくい体になっていくでしょう

ストレスが太る体を作る

誰にでも大好きな食べ物はあります

これを食べたらスッキリする、というような食べ物は体も心も元気にしてくれます

ですが、太っている人の多くは味の濃いものが大好物、という場合が多いようです

しかし味の濃いものを食べると必ず太るという訳ではありません

痩せている人でも味の濃い食べ物を好んで食べることもあります

大好きなものを食べるせいで自分は太ってしまう、と思い込み食べるのを我慢する

それが続くとストレスになり、反動でつい食べ過ぎてしまう

このことが一番の問題で、又食べてしまった・・と精神的に自分を追い詰めてしまいます

食べなければ太らない、という考えは大きな間違いなのです

食べなければ摂取カロリーは少なくなりますが、運動する元気も段々となくなっていきます

運動しなければ消費カロリーは少なくなり、痩せにくい体になっていきます

筋力はなくなり脂肪の燃えにくい体になり、ダイエットどころか不健康な体になります

そうするとますますストレスがたまり、悪循環になっていきます

日ごろの軽い運動は心と体を元気にしてくれる効果があり、基礎代謝も上がっていきます

基礎代謝が上がるということは、血流が良くなり内臓の機能も活発に働きます

そして体に不要なものは老廃物として、スムーズに排出されていきスッキリしていきます

ストレスは脳と体を疲れさせてしまいます

摂取カロリーの制限も大切ですが、ストレスにならないよう適度に体を動かし痩せやすい体を作っていきましょう

生理中はダイエットNG

生理中にダイエットしても効果がない、というのが当たり前のように思われています

ダイエットをしても全く効果がないかと言えば、案外そうでもないのです

確かに生理中はホルモンのバランスが変わるので、ダイエットには効果的ではありません

しかし絶対に痩せられないわけではなく、ダイエットをし辛い理由が他にあるからなのです

生理中はイライラしたり気分的に憂鬱で、普段よりも食べ過ぎてしまったりというようにダイエット気分にはどうしてもなりにくい状況になっています

そんな時期にはダイエットに限らず、何もやる気がなくなってしまうというようなことにもなりかねません

ただ、そんな嫌な気分の生理中であっても上手にダイエットする方法はあります

ダイエットといえば食事制限をする!というのではなく、無理な食事制限はストレスになり逆効果です

ただでさえ生理の前後はホルモンバランスの変化により、お腹が空きやすい状態になっています

そういう時期には食事量を減らし、その分食事回数を増やしてしまいましょう

空腹感が満たされればイライラすることも少なくなります

そしてもう一つ生理中によくある症状がむくみやすい、ということです

むくみ解消には生理中でも可能なストレッチなどの軽い運動

そしてカリウムが多く含まれている昆布、ワカメ、バナナなど色々ありますが
そのようなものを意識して取り入れるといいでしょう

まとめ

このように食べ過ぎていなくても太ってしまう理由は様々です

寝不足、運動不足、ストレス、ビタミン不足、そして自律神経の乱れ

これらのことが原因で食べてもいないのに太ってしまうのです

太る原因は一つではないので、自分にあった原因がわかると痩せることはそれほど難しいものではありません

自分にぴったりのダイエット法を見つけてみましょう