スキンケア

角質肥厚の原因と対策|古い角質を落としてブツブツとした肌コンディションを整えよう

角質肥厚の原因と対策
Pocket

角質肥厚とは名前の通り、肌表面の角質が厚くなっている状態のことです

角質が厚くなると肌のターンオーバーが乱れバリア機能が低下し、あらゆる肌トラブルを
引き起こす原因となります

肌のごわつきやくすみは化粧ノリが悪くなり、保湿成分が浸透しにくくなってしまいます

そのことによってお肌のごわつきがひどくなり保湿成分が浸透しない、という悪循環に
陥ってしまうのです

角質肥厚の原因

角質肥厚の一番の原因は、外からの刺激です

紫外線やメイクを落とす際にゴシゴシと強くこすってしまうといったことが最大の原因です

そういったダメージからお肌を守るために、角質はどんどん分厚くなっていきます

強い紫外線を浴びることで身体の防御反応が働き、それを防ぐために肌を厚くしようとして
角質を蓄積してしまうのです

又、日ごろのスキンケアを怠りお肌が常に乾燥状態になっている人は要注意です

その他にも、睡眠不足やストレスなどによって肌のターンオーバーが乱れてしまい剥がれるはずの古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまうことも原因の一つです

その結果ごわついた肌になってしまいます

肌のごわつきだけでなくニキビやしわ、たるみなどのさまざまなトラブルも引き起こしてしまいます

毛穴の汚れを落とすためのピーリングや毛穴パックなどは、気をつけなければいけません

間違った方法で無理やりはがすような刺激を与え、肌を傷つけてしまう場合があるのです

紫外線は乾燥を伴うので紫外線対策は夏だけではなく、一年中行う事が重要です

女性は冷え性の方が多く体の冷えが原因で、肌の細胞に栄養が行き届かなくなるのも
原因の一つだと考えられています

さらにダイエットによる栄養不足、ストレス、便秘など様々なことが重なることによって
どんどん肌の状態を悪くしているのです

角質肥厚による肌トラブル

季節の変わり目や天気の悪い日などは肌のごわつき、顔のくすみ、メイクのノリが悪い・・そんな風に感じたことはありませんか?

これらの原因は角質が厚くなることによって引き起こされるものです

肌は毎日新しく生まれ変わり、新陳代謝によって細胞が絶えず入れ替わっているのです

肌の細胞は少しずつ上に押し上げられていき、4週間程で剥がれ落ちます

この流れがお肌の新陳代謝(ターンオーバー)です

年齢を重ねたお肌はこのサイクルがスムーズにいかなくなり、角質肥厚を引き起こしやすくなっています

冬の寒い季節は空気が乾燥し、お肌もカラカラの状態になります

夏は紫外線がお肌の奥にまで影響を及ぼし、ハリを保つ働きのあるコラーゲンを破壊したり
水分を奪って乾燥を悪化させてしまいます

又、夏場は冷房などによって意外と空気が乾燥しやすくなっています

この様な要因が重なりお肌のターンオーバーが乱れやすくなり、古い角質がどんどんお肌に
ため込まれてしまうのです

その結果毛穴が大きくなり溝も深くなるので、毛穴が黒ずみ毛穴の目立つお肌になります

さらに肌表面が厚くなると保湿成分が入りにくく、お肌のかさつき、くすみといったトラブルが起こりやすくなります

角質が分厚くなるということは、ニキビ、毛穴、シミ、くすみ、たるみ、しわなど
あらゆるお肌の悩みに影響してくるのです

角質肥厚の治し方

角質肥厚を引き起こすのは肌の表面に蓄積された古い角質です

まずはピーリング効果のあるマッサージゲルを使って、古い角質を取り除きましょう

この時に肌を強くこすりすぎないように、注意しなければいけません

角質を取りのぞくために、強くこすりすぎすぎるなどの間違った使い方は摩擦の刺激によって再び角質が厚くなってしまいます

角質ケアは肌をなでるように優しくマッサージしながら行うことが大事なポイントです

このときにセラミド配合のマッサージゲルなどを使用すると、保湿成分が入っていることによってマッサージしながら潤いを与えることができます

セラミドとは水分を保つ働きがあるので、お肌のターンオーバーがスムーズに行われる
手助けをしてくれます

セラミドはお肌にはなくてはならない保湿成分なのです

ピーリングに限らず、クレンジングや洗顔料にも同じことが言えます

保湿成分が含まれているものを適切な使用量で、優しくマッサージするようにメイクを落とします

洗顔料はたっぷりの泡でクルクルと回しながら、優しく汚れを落としていきましょう

その後、たっぷりの化粧水とクリームで保湿します

特に角質ケア後は乾燥しやすくなるので、いつも以上に十分な保湿ケアを行うことをお勧めします

まとめ

このように角質肥厚を引き起こさないためには、毎日のお手入れが重要です

紫外線やメイク落としのときに強くこすりすぎるなどの、外部からの刺激をなくさなければいけません

朝のスキンケア後には必ず日焼け止めを塗り、外出する時には日傘や帽子などを活用しましょう

古い角質を取り除いた後の正しい洗顔や保湿、UVケアなどの毎日のお手入れがとても大切です

肌への刺激を減らして角質肥厚を引き起こさせない、これが最善の対策と言えるでしょう