total-beauty.info
スキンケア

紫外線対策に失敗!72時間以内のアフターケアで肌ダメージをリセット

紫外線対策に失敗!72時間以内のアフターケアで肌ダメージをリセット

紫外線対策に失敗し、肌が赤く火照りヒリヒリするような日焼けをしてしまった場合には適切なアフターケアが大切です。
適切なアフターケアをすることで浴びてしまった紫外線ダメージを最小限にすることが出来ます。
逆を言えば適切なアフターケアが出来ていないと、のちのちの肌に大きなダメージを残してしまいます。

焼けてしまった日焼け肌はその後の3日間、72時間以内のアフターケアがその後の肌人生を大きく左右します。
正しいアフターケアの知識を身につけて、受けてしまった肌ダメージを無かったことに!

72時間以内のアフターケアで浴びてしまった紫外線ダメージを最小限に抑える

肌が赤く火照りヒリヒリするような日焼けをしてしまった場合には、とにかく出来るだけ早くアフターケアをすることが大切です。
大袈裟ではなく、1分でも早いアフターケアが受けた紫外線ダメージを最小限にするのに最も効果的なんです。

肌が紫外線を受けると、紫外線が肌の奥にある角質層まで浸透するのを防ぐために、メラニンによる色素沈着が始まります。
日焼け後の72時間で色素沈着はピークを迎えます。
つまりこの72時間以内に適切なアフターケアをすることで色素沈着の発生を抑え、メラニンによるシミの生成を抑制することが出来るのです。

紫外線対策の失敗で起きる2つの肌トラブル

・日光皮膚炎・・・長時間紫外線を浴びたり紫外線対策が十分でなかったりすると、肌が赤くヒリヒリとした痛みが生じてしまいます。
この状態を日光皮膚炎と言います。

・水ぶくれ・・・日光皮膚炎がさらに悪化すると皮膚の炎症によって結果から水分が漏洩(ろうえい)し、水ぶくれを作ってします。
通常、日焼け後12時間空24時間ほどで水ぶくれの症状があらわれます。

酷い火傷をすると時間が活につれその箇所の皮膚の内側に水分がもっこり膨らんだ状態になるのですが、それと同じ状況です。
火傷と同じ症状が肌の上で起きているのかと思うとゾッとしますね。
それくらい紫外線は怖いものなんです。

日光皮膚炎から水ぶくれまで症状が悪化してしまった場合には無理に水ぶくれを潰そうとするとかえって症状を悪化させてしまったり痕になってしまうため、早めに皮膚科に受診しましょう。
水ぶくれの水分は正常な肌であれば1~2週間程で自然と吸収され、水ぶくれのあった箇所は水分が吸収されたことで乾燥しカピカピの状態になります。
ここまでくればあとは自然に不要になった皮膚が剥がれ落ちます。

但し、火傷の症状が酷かったり広範囲に火傷を負ってしまった場合には自己完結せず皮膚科で適切な処置を受けるようにして下さい。
皮膚科ではリンデロン軟膏などのステロイド剤入りの軟膏やロキソニンなどの痛み止めを処方してもらうことが多いです。

紫外線対策失敗後の正しいアフターケア3原則

日焼け後の正しいアフターケアの3原則は「冷やす・保湿・水分補給」です。

冷やす・・・熱を持ち続けることで活性酸素がより活発に働くことでしみやシワはもちろん肌の乾燥によりゴワつきやニキビの原因となります。
まずは肌を沈静化し熱を冷まし活性酸素の働きを食い止めます。

・冷水タオルなどで顔全体を覆う
・保冷剤で冷やす
・冷たいシャワーを顔に流し続ける

保湿・・・日焼け後の肌は角質層にあったエスラチンやコラーゲンが破壊されたことで水分が蒸発し、乾燥しやすくなっています。
保湿クリームや乳液などで乾燥を食い止め肌の回復をサポートしましょう。
保湿剤に関しては自分の肌にあったものであればクリームタイプでも乳液タイプでも構いません。
ただ保湿の効果のある化粧水だけでは蒸発してしまうので、そのあとはしっかりクリームタイプで蓋をすることも忘れないで下さいね。

水分補給・・・紫外線を浴びた後は肌だけでなくからだからも水分が蒸発しています。
外側からのケアだけでなくしっかり水分を摂取し内側からのケアも必要です。
水分補給は肌の回復にも効果的なので、日焼け後しばらくはこまめな水分補給を心がけるようにして下さい。

紫外線対策失敗後の翌日以降の部位別アフターケア

日焼け後のアフターケアは日焼け当日だけではなく、最低でも3日間は続けて下さい。

顔・・・パック・シートマスクで徹底した保湿
翌日以降は肌の赤みやヒリヒリが収まっていれば保冷剤などで冷やす必要はありません。(もし収まっていなければ早急に皮膚科へ受診しましょう)
乾燥が全ての肌トラブルの引き金になりますので保湿効果の高いパック・シートマスクでお手入れするようにします。
さらに保湿効果だけでなく美白効果のあるパック・シートマスクでお手入れすることでじっくりと肌に潤いを浸透させるだけでなく、色素沈着の原因であるメラニンは肌に定着するのを防いでくれる効果も期待できます。

体・腕・足・・・からだ用化粧水や保湿剤でこれも徹底した保湿
海やプールで日焼けしたのでれば、顔だけでなくからだのほとんどが顔と同量の紫外線を浴びているはずです。
顔と違って服などを着ると隠れてしまう部位はついケアを疎かにしがちですが、のちの10年後の肌に大きく響きます。
10年後に「あの時もっとしっかりケアしておけば、、、」と後悔しない為にも顔以外の箇所もしっかりケアしましょう。

顔と違い体の保湿はクリームだけで終わらせてしまいがちですが、せめて日焼けした直後くらいは顔と同様にまずは保湿化粧水などでしっかり水分を肌に吸収させてから保湿クリームで蓋をしましょう。
肌を回復させるポイントは肌のターンオーバーを正常に働かせることがポイントです。
肌のターンオーバーは肌の奥にある角質層が十分な水分量を含んでいるかがカギとなります。
保湿クリームだけでは角質層に必要な水分が浸透されず、結果的にターンオーバーが乱れる原因となります。

髪・・・潤い効果の高いトリートメント
日焼け後のアフターケアで忘れがちなのが髪です。
紫外線を浴びた髪からは水分が抜けパサパサな状態に。
これは髪内部にある髪がツヤを出すのに必要なキューティクルがダメージを受けたことによるものです。
そのまま放置してしまうと髪はどんどんツヤを失いパサパサ・ごわごわとしたまとまりのない状態になってしまいます。
また枝毛や切れ毛の原因にもなりますので、顔や体同様に髪のアフターケアも忘れないようにしましょう。

コンディショナーなどの肌の外側だけを潤すものではなく、しっかり髪の内部を修復してくれるタイプのトリートメントがおすすめです。
まずは頭部の地肌を指の腹で優しくマッサージするようにしながら汚れを落とします。
髪の汚れの80%はシャワーだけで落ちるので、必要以上にシャンプーを使って泡立てることは意味がありません。
かえってシャンプーに含まれる界面活性剤の影響やシャンプーが十分に洗い流されず成分が地肌に残っていることで余計なダメージを与えてしまいます。

トリートメントを洗い流したら次に洗い流さないタイプのトリートメントを使用し、できるだけ髪に紫外線ダメージを与えないようにしましょう。

紫外線対策失敗後のアフターケアで絶対やってはいけないこと

せっかく「冷やす・保湿・水分補給」を意識し正しくケアできたのですから、以下の点に関しては気をつけて下さい。

入浴の際に気を付ける3つのポイント
・シャワーの温度はいつもより3度低めに
日焼け直後の肌はいつもよりも敏感になっています。
とにかく刺激を与えないためにも、シャワーの温度はいつもよりも3度ほど下げて浴びるようにしましょう。

・浴槽には浸からない
日焼け後3日ほどはできれば浴槽には浸からずシャワーのみで済ませましょう。
浴槽に浸かることで身体が温まってしまう行為は余計に赤みやヒリヒリ感が増し、肌ダメージの進行を促進させてしまいます。

・顔は擦らず優しく洗顔
これは日焼け直後に関わらずですが、顔はとにかく優しく手のひらが肌に触れないよう泡だけが顔の上を滑るようにして洗顔します。
また顔の泡を流す際はシャワーを直接かけると水圧が刺激になってしまいますので、おけにお湯ではなく水をため、両手ですくって優しく泡を洗い流すようにしましょう。

・体の水分を拭き取る前の保湿がベター
何度も言いますが、日焼け後の肌にもっとも必要なのは保湿・保湿・保湿!
最近では濡れた状態の体に使える保湿乳液やクリームもありますので、体の水分を拭き取らず濡れた状態で洗い流さない保湿乳液を塗り、その後肌に残った水分をバスタオルをポンポンして拭き取りましょう。
ゴシゴシ拭き取らず、ポンポンして取れた水分の拭き取りだけで十分です。

皮剥け自然に剥がれ落ちるまで待つ
日焼けして暫くすると焼けた箇所の皮膚がターンオーバーにより自然と剥がれ落ちます。
この際に無理に剥がそうとするのはご法度です。
肌の上にカサカサとした薄い皮膚があるとなんとなく見た目が汚らしく剥がしてしまいたくなりますが無理剥がすと正常な皮膚まで剥がしてしまう可能性があります。
かさぶたと一緒に自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。