total-beauty.info
スキンケア

ノンケミカルでも紫外線を防御できなければ本末転倒。怖がらずに紫外線吸収剤とちゃんと向き合ってみて

ノンケミカルでも紫外線を防御できなければ本末転倒。怖がらずに紫外線吸収剤とちゃんと向き合ってみて

 

 

最近ではケミカルフリーの日焼け止めなども販売されるようになり、自然派志向の方はもちろん化学成分が多く入っているものに抵抗がある方はケミカルフリータイプの日焼け止めを選ぶ傾向があります。

果たしてケミカルフリーだからと言って本当に安心して使ってよいのでしょうか?
日焼け止めの効果は化学成分配合のものと同等と考えていませんか?
いくらケミカルフリーで肌に優しくても日焼け止めとしての効果がしっかり発揮できていなければ元も子もありません。

それぞれの違いをしっかり理解すると、自ずとどちらのタイプの日焼け止めを使えばいいのか分かってくるはずです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

人の肌は厚さわずかラップ1枚ほどのとても薄い角質層によって、肌の内側からの水分の蒸発を防いでいます。

ラップ1枚ほどの厚さですからちょっとした刺激にも弱く、角質層に何らかのダメージが与えられることで肌に閉じ込めていた水分が簡単に外に出てしまいます。

肌の水分量が減ることでしわやたるみ、毛穴の開きなどの肌トラブルが引き起こされます。

この繊細な角質層に刺激を極力与えず肌の水分量を正常に保つ働きの手助けをしてくれるのが日焼け止めなのです。

日焼け止めは大きく分けて2種類のタイプが存在します。

1つは紫外線を肌の表面上で化学反応を起こさせ肌の角質層に到達させずに熱などのエネルギーに変換し、それを吸収させてしまう紫外線吸収剤タイプのもの。

もう1つは肌の表面上で物理的な仕組みで紫外線を跳ね返し、同じく角質層に紫外線が届くのを防ぐ紫外線散乱剤タイプのものです。

製品によりどちらかのみを配合しているものと、両方を配合しているものが存在します。

見分ける目安として、「ケミカルフリー」と記載されているものは紫外線散乱剤のみが配合されている場合がほとんどです。

と言うのも、紫外線吸収剤は化学反応を起こすことから化学成分が多く含まれているのに対し、紫外線散乱剤はほとんどが天然成分で作られています。

紫外線吸収剤の成分は主にジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどが配合されています。

よく分からないカタカナがずらりと並んでいるだけで「なんとなく肌には塗りたくないかも・・・」と思ってしまうことでしょう。

でもよく考えて下さい。

みなさんが普段使用している化粧水や乳液などのスキンケア用品、化学物質だらけですよ?

50gで30,000円以上する有名女優やモデルが使用するようなクリームでさえ、化学物質が1つも配合されていないなんてことはあり得ません。

化学物質が肌に良いとは言いませんが、みなさんが思っているほど怖いものでは無いのです。

重要なのはいかに上手く付き合っていくことが出来るかです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のメリット・デメリット

紫外線吸収剤のメリット

・透明で白浮きしない
・塗り心地もサラサラ
・水、汗にも強い
・他の化粧品との相性も良い

紫外線散乱剤のメリット

・肌への刺激が少ない

紫外線吸収剤のデメリット

・化学反応を起こしたい際に効果が弱まる為、ある程度の塗り直しは必要
・敏感肌のひとはまれに刺激になる
・乾燥を引き起こす

紫外線散乱剤のデメリット

・白浮きしやすい
・塗り心地はこってり
・水、汗に弱い
・水、汗で流れてしまうためこまめな塗り直しが必要
・他の化粧品との相性が悪く色ムラになってしまう

紫外線吸収剤入りの方がUV効果が高い理由は厚みのあるスポンジと白浮きにあり!

「結局のところ、どちらのタイプの日焼け止めがUV効果が高いの?」
答えは簡単!紫外線吸収剤タイプのほうです。

理由は2つあります。

1つは紫外線吸収剤タイプはしみ・しわの原因になるUVA、色素沈着を引き起こすUVB、それぞれの紫外線をブロックするSPF・PAの数値をそれぞれ最大値まで上げることが出来ます。
食器や浴槽を洗うスポンジを思い浮かべてみて下さい。
紫外線吸収剤入りの日焼け止めは、ラップ1枚の薄い角質層の上に、水では無く紫外線を吸収するスポンジを肌の上に乗せている状態です。
薄いベールを肌の上に張っただけの紫外線散乱剤に対しスポンジを肌の上に置いておくことで、角質層に紫外線が到達する前に紫外線をこのスポンジが吸収してしまうのです。

もちろんスポンジが薄ければ吸収しきれなかった紫外線は角質層まで到達してしまいますが、そうならない為に厚みのあるスポンジを準備すれば良いのです。

紫外線を十分吸収できる厚みのあるスポンジの作り方
・SPF・PA数値の高いものを選ぶ
・こまめに塗り直しをする

この2点さえしっかり守れば、ほとんどの紫外線を角質層まで届くことなくブロックすることが可能です。

もう1つの理由としては紫外線散乱剤は成分の関係上、UV効果を最大値まで高くすることが出来ません。
紫外線散乱剤の主な成分は現在のところ酸化亜鉛、酸化チタンの2種類のみです。
他にもクレイ系や市シリカ系なども存在しますが、あまりメジャーではなく今販売されている日焼け止めではほとんど使用されていません。

ポイントはこの酸化亜鉛・酸化チタンは白色の粉末であることです。

紫外線散乱剤のデメリットとして白浮きを上げましたが、この白浮きこそがUV効果を高く上げられない原因になります。
紫外線散乱剤でUV効果を上げようとすると、酸化亜鉛・酸化チタンをその分多く配合する必要があるのですが、これが多く配合されていればいるほど白浮きに直結してきます。
もし紫外線散乱剤でUV効果をマックスまで上げようとすれば、それこそ舞子さんのように顔を真っ白に白塗りしたような状態になってしまいます。

絶対に焼けたくない!と思っている方、夏に海やBBQなどアウトドア派な方は敏感肌でない限りは紫外線吸収剤入りの日焼け止めを使うことをおすすめします。

日焼け止めは賢く使い分けて

日焼け止めはどちらかに偏って使うのでなく、そのときに応じてケースバイケースで使いわけて紫外線対策をすることが得策です。

絶対に焼けたくないから紫外線吸収剤入りの日焼け止めだけを使っていれば良いのかと言うとそうではありません。
紫外線散乱剤入りの日焼け止めと違い化学成分が多く配合されていることに変わりはなく、デイリー使いとして使用するのは少し考えものです。

また化学成分が嫌だからと言って紫外線散乱剤入りの日焼け止めだけを使用し、十分な紫外線対策を取れずに紫外線を浴びてしまってはせっかく肌を思っての行動が裏面に出てしまい本末転倒です。
一番肌に悪いには紫外線を浴びてしまうことであることを忘れてはいけません。

日焼け止めを購入する際についSPF・PA共に最大防御数値のSPF50+、PA++++であるか確認していませんか?

本来は日光過敏症などの持病を抱えている人でない限りはそこまでの数値は必要はなく、日常使いであれば紫外線散乱剤タイプの日焼け止めの使用で十分です。
ただ紫外線は肌の一番の敵ですから、こまめな塗り直しが出来ずに紫外線を浴びてしまうようであれば意味はありません。

秋口から春先までの汗とは無縁な季節、1日中屋内で過ごす日はノンケミカルタイプの日焼け止め、それ以外の日はしっかり紫外線をブロックする吸収剤タイプのものを使うなど、その時に応じて賢く使い分けましょう。