スキンケア

紫外線により発生した活性酸素を抑制・減少させることで肌老化をストップ

Pocket

紫外線により発生した活性酸素を抑制・減少させることで肌老化をストップ

 

 

紫外線が肌にとって良くないことはなんとなく分かっていても、なんで紫外線が肌に悪いのかまで考えたことはありますか?

日差しが熱く火傷状態になるから?

それも間違いではありませんが、紫外線が肌に悪いと言われている1番の理由はそこではありません。

人の肌は紫外線を浴びることで、肌細胞の中で活性酸素といった物質が発生し、この活性酸素が肌細胞を破壊することであらゆる肌トラブルを引き起こすのです。
つまり活性酸素をコントロールすることが出来れば、肌の健康をもコントロールすることが出来るのです。
肌老化の原因の80%が光老化=紫外線と言われている今、美肌・健康のためには活性酸素の仕組みを理解することがとても大切です。
ここでは活性酸素についてと活性酸素の抑制方法について説明していきます。

活性酸素ってなに?

ここ最近「健康や美容の為に水素水を飲んでいます!」と言って水素水を飲んでいる写真をブログやSNSにアップしている女優さんやモデルさんが多くいますよね。
あの藤原紀香さんもお風呂のお湯を水素水に変える水素生成器を結婚式の引き出物に選ぶくらい、美容意識が高いひとに注目されています。
というのも水素自体が身体に良いわけではなく、日常的に体内に発生する活性酸素を抑制する効果が水素にはあるのです。

では活性酸素とは一体どういったものなのでしょうか?
活性酸素とは酸素の中でも物資を酸化させる力を持っている活発な酸素のことを指しています。
この活性酸素が体内にあることで体内の有害な細菌やウイルスを撃退し、体内の酵素の働きを促進する作用も持っています。
しかしこの活性酸素が少し厄介者で、必要以上の活性酸素が体内にあると体内に必要な細胞までもが破壊されてしまいます。
正常な細胞までもが破壊されることで健康被害に繋がり、しみ・しわ・ニキビ・肌荒れなどの肌トラブルが発生してしまうのです。

活性酸素が多く発生する原因の一つとして紫外線が上げられます。
皮膚が紫外線を浴びることで、皮膚細胞の中で活性酸素が大量に発生し、皮膚の角質層にあるコラーゲンやエスラチンなどの細胞を酸化させ破壊させてしまうことが肌トラブルを引き起こす原因となっています。
活性酸素は人が呼吸をするだけでも体内に発生する物質で、発生をゼロにすることは出来ません。
但し、活性酸素の発生を少しでも抑制させたり発生した活性酸素を減少させることは出来ます。
その1つが水素という物質なのです。
もちろん水素以外にも活性酸素の抑制、減少を促す方法はありますのでこの後説明していきます。

ビタミンCが活性酸素の除去に良いとされる理由

活性酸素の働きを抑制させる物質の1つに、ビタミンCが上げられます。

よく日焼けにはビタミンCの摂取が良いと言われていますが、これは発生した活性酸素を除去するのに体内のビタミンCが大量に消費されるためです。
つまり体内のビタミンCが少ないと活性酸素を除去しきれないため体内の酸化を抑制させることができず、細胞の老化を促進させてしまうのです。
またビタミンCが不足すると壊血病、皮下出血、骨形成不全、貧血になるおそれがあります。
特に肌は一番紫外線の影響を受けやすい部位ですので、紫外線対策を怠ってしまうとばしみやしわ、肌荒れなどの肌トラブルなど顕著にその悪影響の現れてしまいます。

また細胞の老化が促進されることでそれぞれ器官にもトラブルが発生しやすくなり、酸化が進み過ぎることでガンの発生にも繋がるのです。
ビタミンCは抗酸化作用によりガンや動脈硬化の予防、老化防止に効果があると今とても注目されているのです。

ビタミンCの1日の摂取推奨量は成人で100㎎と言われています。
過剰摂取による副作用は特にないため耐容上限量は定められていませんが、ビタミンCは一定量以上は体内に残しておくことは出来ず尿と一緒に排出されてしまいます。
1度に大量にビタミンCを摂取するのでなく、毎日コツコツと一定量のビタミンCを摂取することが大切です。

ビタミンCはほうれん草・ブロッコリー・ピーマンなどの野菜や、いも類・みかん・いちごなどのフルーツ、緑茶に多く含まれています。
野菜ジュースやサプリメントなどでも手軽にビタミンCを補うことは出来ますが、これらで摂取したビタミンCは食事で摂取したビタミンCより早く体外に排せつされてしまうため、まずは食事からのビタミンCの摂取を心がけ、野菜ジュースやサプリメントはあくまで補助的な役割として考えましょう。

抗酸化作用で活性酸素をやっつけろ

上記でも説明した通り、人は呼吸をするだけでも微量の活性酸素が体内に発生することを説明しましたが、少し深く掘り下げてみましょう。
人は呼吸をすることで空気中の酸素と二酸化炭素を体内に取り込みます。
この取り込んだ酸素は体内の栄養素と結びつき、その際にエネルギーを発生させます。
このエネルギーが発生される過程で微量の活性酸素が生産されます。
生産された活性酸素は自ずと消滅するものでは無いため、処理しない限りには体内に残ってしまいます。
過剰に生産された活性酸素が体内に残り続けることで体内の細胞や脂質・DNAを酸化させてしまうのです。

細胞が酸化される=錆びることで、各器官が正常な動きを出来なくなり、やがて障害が起こり始めます。
障害が起きる事で高脂血症や糖尿病・肝臓の機能の低下などの生活習慣病に繋がり、これを長い間放置することで癌(ガン)に片足を踏み入れてしまうのです。

そこで注目されているのが抗酸化作用のあるサプリや食材などです。
抗酸化作用とは言葉の通り、酸化させる作用を抗(あらが)う、つまり細胞が酸化される=錆びるのを抵抗する働きがあります。

活性酸素を発生させないポイント

体内に発生してしまった活性酸素を除去することも大切ですが、何よりも最初から活性酸素を発生させないようにすることが重要です。
最近では抗酸化サプリメントなども流行していますが、まずは日常生活で出来る体内に活性酸素を発生させない生活習慣を送るようにしましょう。

紫外線を避ける
紫外線を浴びることで皮膚細胞で活性酸素が発生します。
これによりしわやたるみ、色素沈着・ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。
またもともと皮膚疾患を持っていた場合、活性酸素の発生により症状をより悪化させてしまうのでしっかりとした紫外線対策が必要です。
昨今、紫外線対策ブームにより日光に浴びることで体内に作られるビタミンDの数値が減少してきていると言われていますが、1日に15分程度の日光浴で十分補うことが出来ます。

・軽めの運動をする
ポイントは軽めの運動程度に留めくおくことです。
マラソンやサッカーなど息切れするような激しい運動はかえって活性酸素を多く発生させてしまい逆効果です。
ウォーキングや水中歩行運動などをすることで抗酸化酵素の働きを高め、体内の酸化を抑制します。

・タバコを控える
タバコを吸うことで体内にニコチンを含む有害な物質が大量に体内に送られます。
その有害物質を撃退するために体内では活性酸素が発生します。
撃退するために体内のビタミンCが大量に消費されます。
また血液中に入ることで、動脈硬化の原因となる酸化LDLをつくる原因ともなります。

アルコールはほどほどに
肝臓がアルコールを分解する際にも活性酸素が発生します。
1回の飲酒量が多い人、また少量でも肝臓が弱かったりアルコールを分解する働きが弱い人は注意が必要です。
特に女性はもともと肝臓が弱く、また乳がんになる確率も上がると言われています。

ストレスをためない
人はストレスを感じると血管が収縮され血流の流れが悪くなります。
そして血管が拡張されもとに戻る際に活性酸素が発生します。
これを繰り返すとで体内の酸化を促進させます。
心理的ストレス、運動的ストレスどちらも活性酸素を発生させる原因となりますので、睡眠時間などもなるべく削らないようにしましょう。

活性酸素を抑制させる食材

・ビタミンC・・・ブロッコリー・イチゴ・みかん・イモ類等
・ビタミンE・・・かぼちゃ・アボカド・うなぎ、アーモンド等
・ミネラル・・・牡蠣・牛肉・チーズ・にぼし・牛乳等
・リコピン・・・トマト・パプリカ・スイカ・柿など