total-beauty.info
涙袋

涙袋にワセリンを塗ったらシワが出来た|ワセリンマッサージで涙袋が出来る根拠とは

涙袋にワセリンを塗ったらシワが出来た|ワセリンマッサージで涙袋が出来る根拠とは

涙袋はワセリンを塗るだけで作ることが出来る!

そんな噂を聞いたことはありませんか?

でもワセリンを塗るだけで作れるなら、涙袋にヒアルロン酸を入れるプチ整形なんて必要ないですよね?

本当にワセリンを塗るだけで涙袋を作ることが出来るのか調べてみました

ワセリンで涙袋ができる根拠は無し

まず断言してしまうと、ワセリンで涙袋が作られると言う化学的根拠は一切ありません

もしワセリンを塗るだけで本当に涙袋が作れてしまうなら、涙袋にヒアルロン酸を入れるプチ整形がこんなに流行ることは絶対にありえません

薬局で数百円で購入できるワセリンも、目玉が飛び出るくらい高額で売られるようになるはずです

それにも関わらず、ワセリンを塗ると涙袋が作れると言う噂は経ちません

なぜなら実際にワセリンを塗ることで涙袋が出来たという声が実際にあるからです

化学的根拠がなくとも、ワセリン一つでプクッとした可愛い涙袋が出来るのであれば、涙袋が喉から手が出るほど欲しいひとにとっては試さない手がありません

でもなぜワセリンが涙袋を作るのに効果があるのでしょうか

涙袋がワセリンで作れる理由は保湿にあり

化学的根拠が無くともワセリンを塗るだけ涙袋が作れる理由は、下まぶたが保湿されたことで皮膚に張りがでるからなんです

ワセリンの一番の効能は保湿です

と言うより他の美容クリームと違い、ビタミンCやビタミンAなどの美容成分は一切含まれていません

ワセリンは保湿だけに特化した商品として作られた商品です

下まぶたにワセリンを塗る事で、乾燥ぎみの下まぶたが保湿され徐々に張りを取り戻していきます

そうすることで、重力に負け全体に広がっていた皮膚が徐々に一か所に集まり始め、弾力のある皮膚へと変化していきます

今までなかった涙袋がワセリンを塗る事で下まぶたが保湿され張りを取り戻すことで、膨らんむことで、涙袋ができたようにみえるのです

涙袋にワセリンを塗る際には下まぶたのトレーニングと合わせてやるとさらに効果的

涙袋にワセリンを塗る際には、ただ塗るだけでなく、下まぶたのトレーニングと合わせてやることでさらに効果が期待できます

涙袋のトレーニングに関しては涙袋は遺伝によって決まる|整形せずに誰でも持っている涙袋をより目立たせる方法で見ることができます

ワセリンにより下まぶた保湿されることで皮膚が張りを取り戻し、涙袋が作られたように見える

涙袋にワセリンを塗る際の注意点

涙袋にワセリンを塗る際の注意点
  1. 洗顔し清潔な状態にしておく
  2. 目に入らないように気を付ける
  3. 力を入れずゆっくりと塗る

洗顔し清潔な状態にしておく

皮膚に汚れが付着した状態でワセリンを塗っても十分な保湿効果は期待できません

ワセリンの保湿成分をしっかり下まぶたに浸透させるためにも、必ず洗顔し清潔な状態にしてから塗るようにしましょう

目に入らないように気を付ける

目のまわりは非常にデリケートなゾーンです

目の中に誤って入ってしまわないように、塗る際には慎重に行い、目の淵は避けるように塗りましょう

万が一目の中に入ってしまった場合には、慌てず流水で流します

もし違和感を感じるようであればかかりつけの眼科に相談しましょう

力を入れずゆっくりと塗る

下まぶたの皮膚は他の箇所の皮膚に比べてとても薄く繊細な場所です

ゴシゴシと力を入れると皮膚がダメージを与えてしまい、涙袋を作るどころか変えってシワの原因になってしまいます

薄すぎず厚過ぎない程度にワセリンを指に取ったら、指の腹が下まぶたに触れない程度の圧で下まぶた全体を覆うようにクルクルと回しながらゆっくり塗るようにします

涙袋にワセリンを塗って実際に涙袋が出来たひちたちの口コミ


効果が出始めるのはワセリンを塗り始めてから2週間程度のようです

ただこれに関しては個人差があるので、2週間で出来なく諦めずに、コツコツと継続することが大切です

涙袋にワセリンを塗っても効果が無い場合も

ただ中には涙袋にワセリンを塗る事で、かえってシワが出来てしまったひとたちもいます

恐らく力を入れて塗り続けてしまったことが原因です

一度できてしまった目もとの小じわを完全に無くすことはとても難しく、出来たとしても時間もお金もかかります

そもそもワセリンの使用用途に下まぶたに塗っても大丈夫と言う記載はなく、あくまでも自己責任です

ワセリンは涙袋だけでなく、花粉症予防に効果あり

ワセリンを鼻の入り口付近に塗る事で、花粉症予防にも効果があるそう

これはワセリンが花粉が鼻の中に侵入する効果があるからだとか

まとめ|ワセリンで涙袋を保湿することで、今よりも気持ち涙袋が出来るのは本当

ワセリンにより下まぶた保湿されることで皮膚が張りを取り戻し、涙袋が作られたように見える

涙袋にワセリンを塗る際の注意点
  1. 洗顔し清潔な状態にしておく
  2. 目に入らないように気を付ける
  3. 力を入れずゆっくりと塗る

涙袋にワセリンを塗る事で涙袋内のヒアルロン酸が増えることはありませんが、皮膚に張りを持たせることで以前よりも少しふっくらとした涙袋は十分可能です

ただ塗る際には注意してやらないと、かえってシワを作る原因になることも

ワセリンを使って涙袋作りにチャレンジする方は塗り方には気を付けて下さいね