total-beauty.info
涙袋

涙袋がかゆくなる3つの原因と対処法|アレルギー性結膜炎・ものもらい・ドライアイ

Pocket

涙袋がかゆくなる3つの原因と対処法|アレルギー性結膜炎・ものもらい・ドライアイ

 

 

涙袋がどうしてもかゆくてかゆくてしょうがない!

そんな経験はありませんか?

涙袋は繊細な場所ゆえに強く掻きむしることもできず、一度かゆくなってしまうと対処のしようがありません

我慢できずに強くかいてしまうと痛みが生じたり、傷跡が残ってしまうことも

そもそもなぜ涙袋はかゆくなるのでしょうか?

この記事では涙袋がかゆくなる原因と対処について詳しくまとめています

涙袋がかゆくなる最もポピュラーな原因はアレルギー性結膜炎

「なんだか涙袋がかゆい」

そう感じたらまず疑うのがアレルギー性結膜炎です

アレルギー性結膜炎とはその人が持つ何らかのアレルギーに反応して引き起こります

涙袋がかゆくなる原因の80%はこれによるものと言われています

アレルギーと聞くとピンとこないかもしれませんが、アレルギー性結膜炎の原因は私たちの身近な場所に潜んでいます

アレルギー性結膜炎を引き起こすアレルゲンに種類は主に3つ

アレルギー性結膜炎を引き起こすアレルゲンの種類
  • 花粉
  • ハウスダスト
  • ペット

代表的なのは花粉によるアレルギーで、下まぶたの裏側の結膜という箇所に花粉が触れることで激しい目や涙袋のかゆみを感じます

かゆみの原因が花粉の場合は季節が限定されており、「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれています

 

家の中のホコリやチリ、カビやダニなどの死骸などのハウスダストが原因のアレルギーの場合は、季節に関係なく目のかゆみを覚えます

花粉のように季節が限定されていることから「通年性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれています

 

それ以外にもペットの毛の中に潜むフケだったり、唾液やおしっこによってアレルギーが引き起こされることもあります

アレルギー性結膜炎で涙袋がかゆくなるしくみ

目というのは身体の中で守られている器官と違い、常に外に浮遊している病原体を取り込みやすい状態です

さらに目にはアレルギー反応を引き起こす原因となる免疫細胞がたくさんあり、アレルギー反応が他の部位よりも出やすい場所なのです

口や鼻の穴も同様に外部からの病原体を取り込みやすい部位で、これらは粘膜(ねんまく)によって病原体の侵入を防いでいます

目にも結膜(けつまく)と言った粘膜があり、粘膜には異物から身体を守ることができる抗体(こうたい)を作る細胞が多数存在します

この抗体により異物を体内に侵入させることを防ぎ、効率良くかつ的確に排除できる仕組みを免疫が付いたと私たちはよんでいます

 

アレルギー反応はこの免疫システムが必要以上に反応してしまった場合に起こすことを指します

本来であれば害ではない花粉やハウスダストを「これは異物だ」と過剰に反応することで、これらさえも排除しようと抗体を作りだしてしまいます

この作られた抗体が血液や粘膜内にある肥満細胞(ひまんさいぼう)に付着することで、かゆみを引きおこすヒスタミンが分泌されます

目の下がかゆくなるのは、このヒスタミンが体内で作りださせることで起こる症状なのです

目の下がかゆくなるしくみ
  • 免疫が過剰に反応し害のない花粉やハウスダストの抗体を作ってしまう
  • 作られた抗体が粘膜に付着することでかゆみの原因であるヒスタミンを分泌させてしまう

アレルギー性結膜炎よりもっと重い目のかゆみ

アレルギー性結膜炎以外にも、アレルギー反応によって目が異常にかゆくなる病気も存在します

アレルギー性結膜以外の目がかゆくなる病気
  • アトピー性角結膜炎
  • 春季カタル
  • 巨大乳頭結膜炎

アトピー性角結膜炎

かゆみがとても強く、涙も止まらずひっきりなしに溢れてきます

また結膜が厚くなり、目が充血したり濁ったりといった症状を引き起こします

さらにまぶたの皮膚が厚くなったり細菌感染することで目を守る角膜保護作用(かくまくほごさよう)が低下

天井表面角膜症(てんじょうひょうめんかくまくしょう)や角膜びらんと言った角膜上皮障害(かくまくじょうひしょうがい)を発症する場合があります

春季カタル

春季カタルは春から夏にかけて発症しやすい重度のアレルギー性結膜炎です

春季カタルを引き起こした人の7割がアレルギー性皮膚炎を伴っていると言われています

重い角膜障害を合併しやすく視力にも影響がでてきます

巨大乳頭結膜炎

瞼の裏側に乳頭上の白いブツブツができ、花粉症などアレルギー性結膜のひとがなりやすい病気です

コンタクトレンズなどで瞼の裏側を刺激し過ぎることで起こり、最近カラコンが流行っている影響で、巨大乳頭結膜炎のひとが増えたと言われています

そのまま放置しておくと角膜を傷つけてしまう恐れもあります

点眼薬で治療する場合が多いですが、治らない場合には内服薬も併用することがあります

涙袋がかゆくなるその他の原因

アレルギー性結膜炎以外にも涙袋がかゆくなることがあります

  • ものもらい
  • ドライアイ

ものもらいには霰粒腫(さんりゅうしゅ)・麦粒腫(ばくりゅうしゅ)・マイボーム腺梗塞・マイボーム腺炎と言った3つの種類が存在します

この3つの中でかゆみを伴うのが麦粒腫です

黄色ブドウ球菌と言った細菌に感染することで、痛みやかゆみなどの症状を引き起こします

霰粒腫が完治に数カ月以上かかる場合が多いのに対し、麦粒腫は炎症が収まれば数日で治ります

またドライアイといって目が乾くことで目がかゆくなることもあります

長時間のパソコンの使用や、乾燥する時期の外出などで引き起こされます

アレルギー性結膜の治療・予防法

アレルギー性結膜には季節性アレルギー性結膜炎と通年性アレルギー性結膜の2つがあるとお話ししましたが、このどちらかによって治療法や予防法が異なります

季節性アレルギー性結膜炎の場合

花粉情報を有効に活用するようにします

花粉が多く散布している時期はマスクや花粉防止用などのゴーグルで対策します

マスクも一般的なものではなく、隙間から花粉が鼻に入り込まないような密着したタイプのものを使用します

また衣類は花粉が付着しやすいウール素材の物は避け、花粉が滑り落ちやすいナイロン素材のものがおすすめです

外出から戻ってきたら、玄関前で身につけている衣類をはたき、室内に花粉を持ちこまないようにします

この時期は洗濯物は外ではなく室内干しすると良いです

通年性アレルギー性結膜の場合

室内環境を清潔に保つことが大切です

ダニは一度発生すると、いくら綺麗にしても発生しやすくなってしまうため最初が肝心です

  • タンスやクローゼットなどの収納場所は通気・除湿を意識する
  • 布団やベッドは天日干し、もしくは専用掃除機(レイコップ)などで常に清潔にする
  • 防カビ加工の寝具を使用する
  • 掃除機の中のゴミは積極的に捨てる

また不規則な生活習慣がアレルギーを引き起こすこともあります

アルコールの取り過ぎや睡眠不足、ストレスや便秘などに注意を払うことも大切です

涙袋のかゆみを今すぐ和らげる方法

かゆいからと言って強くこすったりつねったりしてかゆみを誤魔化すと、目を傷つけてしまい、最悪の場合、網膜剥離(もうまくはくり)や白内障(はくないしょう)などの病気にかかってしまうこと

どうしても今すぐ目のかゆみを何とかしたい場合には以下の方法を試して下さい

  • 冷たいタオルで目を冷やす
  • 保冷剤をタオルで巻いたもので目を冷やす
  • 人工涙液で一度目に付着した抗原を洗い流したあとに専用の点眼薬を使用する

かゆみの原因であるヒスタミンは冷やすことで、一時的に働きを抑制することができます

また、目に抗原が付着した状態で、点眼薬をさしても効果が薄れてしまうため、しっかり流してからさすようにします

まとめ|涙袋のかゆみが収まらない場合にはすぐに眼科に受診

涙袋がかゆくなる理由と対処法
  • アレルギー性結膜のには季節性と通年性の2種類が存在し、それぞれ対処法が異なる
  • 目のかゆみの原因はヒスタミンの働きによるもの
  • ヒスタミンは冷やすことで作用を緩和させることができる
  • 異常なまでの目のかゆみの場合は早めに眼科に受診

眼科ではヒスタミンの作用を抑制する点眼薬を処方されることが多く、ほぼこの点眼薬で症状を和らげることができます

但しそれでも良くならない場合にはステロイドが処方されることも

目のかゆみが生じたら自己判断せず、眼科に頼ることが結果的に早くかゆみを抑える事に繋がります