スキンケア

低用量ピルでニキビが治るのには理由がある|ホルモンバランスの乱れが原因のニキビに効果的!

低用量ピルとニキビはホルモンバランスに影響されている
Pocket

低用量ピルと聞くと、避妊目的で使用するものだと思っている方が多いのではないでしょうか?

もちろん低用量ピルには高い避妊効果効果がありますが、実はそれだけではないんです

その他にも女性特有の悩みである生理痛の改善や経血量の減少、ニキビの改善、ガン(子宮がん、卵巣がん、大腸がん)のリスクを減らす効果が認められているんです

今回は低用量ピルとニキビの関係性について深堀していきます

低用量ピルでニキビが出来る原因

低用量ピルとニキビの関係性

低用量ピルをニキビや肌荒れを治したいという目的で使用しているにもかかわらず、逆にニキビが増えてしまった!

という方も一定数存在します

そういう方はお薬の種類を変えることで対策ができます

低用量ピルは合成されたホルモン剤「エストロゲン」と「プロゲステロン」の作用を持っています

この2つの女性ホルモンのバランスを整える作用によって、男性ホルモンに影響されるニキビが改善されます

その他、毛深くムダ毛の処理に悩んでいる女性も、ピルを飲み始めて薄くなってきたという事も報告されています

しかし、薬なのでまれに副作用が出る方もおられます

小さな副作用として、頭痛、吐き気、不正出血などの症状があらわれる場合があります

薬の種類が合わない時や飲み始めてから3か月くらいたった時に起こりやすいです

お薬の種類によっては男性ホルモンの作用が少し強いお薬もありますので、そういう時にはニキビが増えてしまう可能性もあります

このような副作用というデメリットも稀に起こることもある、という事も頭に置いておかなければいけません

ただし低用量ピルにはメリットのほうが断然多いので、生活リズムを整え指示通りに服用することで、期待以上の効果を得ることができます

低用量ピルでニキビを治すこともできる

低用量ピルでニキビを治す

低用量ピルを服用するだけで、ほとんどのニキビが完治してしまう方もいます

また完治とまではいかなくとも、低用量ピル服用前と後では、明らか顔を占めるニキビの割合が減っていきます

ニキビとは、皮脂腺の慢性的な炎症によってできるものです

普通であれば皮脂腺から分泌された皮脂は毛穴から排出されるのですが、何らかの原因で皮脂が排出されずに毛穴に詰まってしまい、その詰まった皮脂が酸化されアクネ菌が繁殖した状態がニキビです

その他の原因として、生理前のホルモンバランスの崩れやストレス、睡眠不足、偏食などが考えられます

皮膚科で治療を3か月以上続けていても治らないニキビ、レーザー治療を受けても治らないニキビも1日1錠飲むだけで、簡単に治ってしまいます

低用量ピルは女性ホルモンをコントロールし、ニキビのできない肌にかえていきます

メイクで隠し切れないほどのニキビであれば、完治するまでには数か月かかる場合もありますが、どんなに重症なニキビであっても必ず改善していきます

ピルはすごく抵抗のあるお薬だと思われがちですが、一時的な治療法として抗生物質を服用するよりも効果は比べものになりません

体の根本からニキビのできにくいお肌へと変化させていくことができる優れたお薬です

ニキビを治す低用量ピルの正しい飲み方

低用量ピルとニキビはホルモンバランスに影響されている

低用量ピルは避妊のためにだけ飲むお薬ではありません

合成された2種類の女性ホルモンの作用を持っているお薬で、これを飲むことで体が妊娠している時のようなホルモンバランスになります

ホルモンバランスを人工的に作り出すお薬なので、毎日続けて飲むのが基本ですが、薬によっては飲み方が変わります

低用量ピルの一般的な飲み方としては、28日間を1周期と考えます

1シートすべて飲み終えてから次のシートのお薬を飲み始めます

毎日1日1錠を同じ時間帯に21日間飲み、その後7日間お薬をお休みします

その後の7日間のお薬はプラセボ錠です

プラセボ錠とは、お薬の成分が入っていないお薬のことです

このプラセボ錠を飲んでいる間に生理がきます

このとき、生理の量が少なかったり生理がこない場合もありますが、個人差がありますので心配はいりません

出血が終わっていても続いていたとしても、29日目からは次のお薬を飲み始めます

その後も同様に、21日間服用、7日間お休み、を繰り返します

お薬を飲み始めてから数日間は、ムカムカしたり、不正出血があったりといった軽い副作用が起こることがあるかもしれませんが一時的なもので数か月で治ることがほとんどです

もし、2~3か月たっても症状が改善されない場合は、かかりつけ医師に相談しお薬を変更されることをお勧めします

まとめ

低用量ピルに限らずどのお薬にも言えることですが、「副作用は絶対に起こらない」とは言い切れません

ただ個人差がありますが、ほとんどの方が大丈夫だと言えるでしょう

また大事なのはお薬だけに頼らず日々のスキンケアとして、メイクをしっかり落とすこと、その後のお肌の保湿をしっかりとすることです

そしてバランスの取れた食事とよく睡眠をとることです

基本的なスキンケアをしっかり行った上で、それでも改善しない時の頼りになるのが低用量ピルというお薬だという考え方がとても重要となっています