スキンケア

ベビーフットでもむけないほど、かかとの角質が厚すぎる私が一瞬でツルツルかかとを手に入れた方法

ベビーフットでむけない角質の対処法
Pocket

ベビーフットでもむけないほど、かかとの角質が厚すぎる私が一瞬でツルツルかかとを手に入れた方法

『かかとの角質ケアと言えばベビーフット!』と言われるほどのかかとケア用品を使っているにも関わらず、一向に綺麗にならないかかとのガサガサに悩んでいませんか?

実際に私もベビーフットを試してみたのですが、足の指や甲はズルズル皮が剥けてきても、肝心なかかとの角質はザラザラと粉みないな角質が落ちる程度で、写真でみるようなズル剥けとは程遠い状態・・・

そんな私がある方法で、ベビーフットのパッケージの写真にあるようなツルツルのかかとを手に入れた方法をまとめました



ベビーフットでむけない理由

ベビーフットを使用しても、かかとのガサガサが一向に綺麗にならない理由は4つ!

  1. かかとの角質が厚すぎる
  2. ベビーフットの使用時間が短い
  3. 気温が低い時期にやった
  4. 十分にかかとの角質を柔らかくしなかった

かかとの角質が厚すぎる

ベビーフットで失敗してしまう方の大半は角質が厚すぎるせいです

ベビーフットのしくみは角質柔軟成分と17種類の植物エキスで配合された専用液で、角質層に浸透することで古い角質を柔軟化していくものです

この専用液がかかとに溜まった角質に行き渡ることで、角質をふやかしに日常の動きでかかとの角質に摩擦を起こし、少しづつ角質を取り除いでいきます

しかしあまりにもかかとの角質が厚すぎたり硬すぎると、専用液が角質全体に充分に行き渡らず、結果的にかかと以外の箇所の角質は剥けても、肝心のかかと角質は思うような結果が出ないことがあります

ベビーフットの使用時間が短い

ベビーフットの使用時間を30分もしくは60分です

この使用時間よりも短い時間でやめてしまうと、十分に専用液が角質に行き渡らないため、角質を思うように取り除くことが出来ません

ベビーフットを使用する際はしっかり時間を確保できるタイミングでやるようにしましょう

気温が低い時期にやった

気温が低い時期は角質がいつも以上に硬くなっているため、事前準備せずにそのままベビーフットを履いてしまうと、60分と時間をたっぷり取っても専用液が角質全体に浸透しません

十分にかかとの角質を柔らかくしなかった

ベビーフットの専用液は、柔らかくなった角質につけることでより早く角質全体に浸透していきます

硬いままの角質の状態でベビーフットを履いても、当然かかとの角質に充分な専用液は行き渡りません

この4つの理由で共通していることは角質が硬い状態のままのベビーフットを履いていることです

実際私がベビーフットを試したときも、事前準備を行って、角質をふやかすことをしませんでした

ただでさえ人よりもガチゴチのかかとなのに、その上角質をふやかさなければ当然ベビーフットを履いても角質が剥けるわけありません

ベビーフットが失敗してしまう人の大半は、

  • 角質を十分にふやかしていない
  • 角質が厚すぎる

このどちかが原因です



ベビーフットでヒリヒリと熱くなってしまった場合の対処法

私は60分タイプのベビーフットをやったのですが、40分を過ぎたあたりから足がヒリヒリといった痛みを感じるようになりました

次第にジンジンと足が熱くなっていくのも感じ始めました

我慢できないほどでありませんが、昔に同じような角質パックをやった際には感じなったので、少し不安になってしまいました

ベビーフットの公式HPには、ヒリヒリ感や赤みが生じた場合には、成分があわなかった可能性があるので、使用を直ちに中止するような注意文が掲載されています

Q. パッチテストでは問題なかったのに商品を使用したらヒリヒリ・赤くなりました。

何らかの成分がお肌に合わなかった可能性がございます。すぐに使用を中止し、ジェルがついている部分をきれいに洗い流してください。2-3日で赤みが引く場合が多いですが、もし赤みが引かない場合や、痒み・痛みがある場合はリベルタお客様ダイヤルまでご連絡ください。

引用:ベビーフット公式HP

このようなトラブルを防ぐ為に、事前にパッチテストをすることを推奨されていますが、今まで髪を自宅で染めるような薬剤でも特にトラブルが起きたことはなかったのでやらなかったんですよね

ただヒリヒリ感を感じ始めたのは開始して40分経過してからなので、パッチテストを仮にしていたとしても、そのときにはヒリヒリ感は出なかったのかなとも思います

私はヒリヒリ感を感じても、洗い流すのがもったいなくて結局60分やってしまいましたが、場合によっては赤みやヒリヒリ感が長引くこともあるようです

今後ベビーフットを検討している人は、

  • パッチテストは必ずやる
  • ヒリヒリ感や肌が赤くなってしまったら直ちに使用を中止する

この2点を覚えておいて下さいね



ベビーフットでむけない人はビューティーフットレギュラーを使用

私のようにベビーフットでもむけないほど頑固な角質で悩んでいる方は、ベビーフットの前にビューティーフットレギュラーで事前に処理をしておきましょう

私が購入したのはAmazonでもランキング1位のP.SHINE ピーシャイン ビューティーフットレギュラー 120/220 フット用品 角質除去です

Amazonchoiceとしても紹介され、口コミを見ても良い評価が多いです

値段も780円とベビーフットの半額以下で購入できます

実際に使ってみて頂くと分かるのですが、正直これだけでも私のガッサガサのかかとの角質を綺麗に取り除いてくれました

その上でベビーフットを使うことで、本当にちゅるんちゅるんのかかとに生まれ変わります

ビューティーフットレギュラーの使い方

  1. ビューティーフットレギュラーを使う前に角質を温かいお湯で十分にふやかしておきます
  2. ビューティーフットレギュラーの粗い面を水で濡らし、かかとの角質を擦り落とします
  3. するとふやけた白い角質がビューティーフットレギュラーの面に付くので洗い流し、かかとザラザラがなくなるまで何回かこれを繰り返します
  4. 次にビューティーフットレギュラーの細かい面で仕上げていきます

私は入浴中に使いました

頭を洗っている間にお湯を張った桶に足を突っ込んでおくだけで時短になりますよ



ベビーフット後の保湿はむけきった後

ベビーフットの効果を最大限高めるためには、皮が剥けるまでは極力何も塗らずに生活することです

よくベビーフット後は保湿を念入りにするような情報を目にしますが、あくまでも角質が剥け切ったあとのはなしです

まだ角質が剥け始めていない、剥け切っていない状態で保湿をしてしまうと、ベビーフットの効果を十分に得る事ができません

何度も言いますが、ベビーフット後の保湿はむけきったあとです!

ただどうしてもかかとの乾燥のせいでかゆみが生じたり、保湿をしないとストッキングが履けないなどの場合には、アルコールや油分を含まない低刺激のローションやクリームで保湿をするようにしましょう



ベビーフットの口コミ

実際にベビーフットを使用したことがある人の口コミを集めてみました

 

View this post on Instagram

 

🤷🏻‍♂️Yukioさん(@yukio531027)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

カータンさん(@katan703)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Sacchan Moriさん(@mori.sacchan)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

RED Memoryさん(@ryoutasiotuki)がシェアした投稿



ベビーフットでむけなかった人はリトライ制度

ベビーフットは1,600円となかなかのお値段なので、これで失敗してしまうと凄い損をした気持ちになりますよね

いくら自分の角質が厚すぎるせいと言えども・・・

でも安心して下さい

ベビーフットには失敗してしまっても再度やり直せるリトライ制度があります

『リトライ制度』でもう一度チャレンジ!

折角ベビーフットを使ったのに剥けなくて残念でしたね。
弊社ではベビーフットを使っても効果がなく剥けなかったという方にもう一度お試しいただける『リトライ制度』という制度を設けております。
お一人様一回限り、お電話でのみの受付となりますが、是非ご利用ください。
ベビーフットは繰り返し使用することで剥けやすくなることがございますので、まずはその第一回目として、『リトライ制度』をご利用いただけると嬉しいです!!

引用:ベビーフット公式

リトライ制度を使う方は電話で問い合わせしてみましょう

リベルタお客様ダイヤル
0120-718-456
( お問い合わせ時間 平日 9:00〜18:00 )

ベビーフットで失敗しないためのコツ

いくらリトライ制度はあるとはいえ、できれば失敗せずに1度でベロッと角質を剥がしたいですよね

ベビーフットで失敗しないためのコツは3つ

  1. しっかり角質をふやかしておく
  2. 使用時間(30分or60分)を守る
  3. 角質が厚い人はかかとやすりで事前処理をしておく

しっかり角質をふやかしておく

ガチガチに固まった角質にいきなりベビーフットの液を付けても、角質に十分に行き渡りません

ベビーフットの専用液を無駄にしないためにも、まずは角質をお湯で十分に温め柔らかくし、浸透しやすい状態を作っておきましょう

使用時間(30分or60分)を守る

勝手な判断で使用時間を短縮しないようにしましょう

また必要以上に長い時間、ベビーフットに角質を浸けておくのもNGです

必要以上に長く浸けておいても角質が剥けやすくなることもありません

それどころか炎症などのトラブルを引き起こやすくしてしまいます

角質が厚い人はかかとやすりで事前処理をしておく

私のように人よりも角質が厚いひとは、ベビーフットをする前にかかとやすりで事前に処理をしておきましょう

そうすることで、ベビーフットが角質に浸透しやすくなり、失敗を防ぐことができます

かかとやすりは先ほど紹介したビューティーフットレギュラーでなくても、100均一で売っているような軽石でも大丈夫です

ただ軽石だと、頑固な角質の場合あまり効果がない可能性もあるので、心配な方はビューティーフットレギュラーを1つ持っておくと家族みんなで使用できておすすめです



ベビーフットでむけなくてもビューティーフットレギュラーを使用して再チャレンジ

ベビーフットで一度失敗してしまうと、もう自分のかかとの角質はどうにもならないのではいかと不安になってしまった方もいたかもしれません

でもベビーフット前にかかとやすりでしっかり前処理をすることで、私のようなガッチガチのかかとでも綺麗にすることができます

綺麗なかかとだと、ついいつまでも触っていたくなってしまいますよ