体験談

【失敗談】小鼻縮小術で失敗|時間もお金も無駄に終わり、残ったのは痛みだけだった

Pocket

【失敗談】小鼻縮小術で失敗|時間もお金も無駄に終わり、残ったのは痛みだけだった

 

 

昔から横に広がった小鼻がとにかく嫌で嫌で仕方なかった

小学生の頃、男友達にゴリラゴリラと呼ばれその場では明るく返していたが、内心はとても傷ついていた

その男の子にバレないように教室の隅で隠れて泣いた

なぜならその男の子は私の好きな人だったから

 

少しポエムっぽくなりましたが、これは実話です

有難いことにこんな鼻でも貰い手が見つかり結婚はしたが、笑わなくても横に広がっているあぐら鼻に対するコンプレックスは常に私に付きまとっていました

横に広がったゴリラ鼻をどうにか自力で治らないかと小鼻マッサージなるものをしてみましたが、結果は変わらず

【小鼻縮小】自力でゴリラ鼻が治るは嘘|骨や軟骨の形状がつまむだけで変わったら整形なんて存在しない

 

以前から鼻の整形をしたいという願望はあったものの、お金のことや周りにバレてしまうことが不安でなかなか決心がつきませんでした

 

ただこのままコンプレックスを抱えたまま一生を終えるくらいなら、整形したと後ろ指刺されようが構わない!

もう自分の顔を鏡で見て落ち込む毎日は嫌だ!

 

そんな思いで挑んだ小鼻縮小術

 

まさかの展開になってしまいました

 

小鼻縮小術を受けに千葉にある美容クリニックへ

小鼻縮小はもはや立派な整形です

 

特に顔の中央部で顔の印象を決める大事なパーツ

 

そのパーツにメスを入れるわけですから失敗されたら困ります

 

自分の鼻を生まれ変わらせてくれる美容クリニックをいくつもいくつも慎重に探しているうちに、ある1つのクリックを見つけました

 

そこの美容クリニックは院長1人で執刀していて、大手の美容クリニックとは違い個人経営しているところでした

 

私がこの美用クリニックに決めた理由は2つ

  • 小鼻縮小に関する症例写真が多かったこと
  • 院長が穏やかそうで話しやすそうだったこと

 

そこは鼻専門のクリニックではないですが、特に鼻の整形に定評がある院長のようで小鼻縮小の整形に関する症例写真がたくさんありました

 

症例数が多いということは、その分たくさんの鼻の形に出会い、メスを入れてきたということ

 

この鼻の場合はどの角度からどのくらい切ったほうが良いなど、たくさん考え実際にメスを入れてきたという証です

 

もちろん症例数が全てではありませんが、少なくとも10件程度の小鼻縮小の整形の実績を持つ医者と、1,000件の小鼻縮小の整形の実績を持つ医者だったら、間違いなく後者の医者を選びますよね?

 

もう1つ決め手になったのはHPに掲載されている写真が優しそうな雰囲気だったから

 

そのクリニックでは毎日モニターの方の写真がブログでアップされるのですが、その写真を見ても笑顔で優しそうな印象でした

 

「技術さえ良ければ医者の印象なんてどうでも良くない?」

 

確かにそうかもしれません

 

ただ私はカウンセリング時に、人の目も見ず話しも最後まで聞かない医者に自分の鼻を任せたくはありませんでした

 

しっかり聞いて切れなければ、いくら自分の理想の鼻を伝えても意味がありません

 

仮にその医者に頼んで、一般的に見ても普通の鼻になったとしても、自分の理想と違った鼻の場合、それは受けた人にとって失敗なのではないでしょうか?

 

私はカウンセリングを丁寧にしてくれ、かつ無理なものは無理とハッキリ言ってくれる医者に任せたかったのです

小鼻縮小の失敗のはじまり

意を決して電話でカウンセリングの予約

 

看護婦さんや受付の人はもちろんいますが、手術に執刀しているのは院長1人のため、予約も取れたのが2週間後でした

 

当日緊張して聞きたいことが頭からスッポリ抜けないように、iPhoneのメモに聞きたいことを箇条書きしていたことを今でも覚えています

 

そしてカウンセリングで言われたのが、まさかの発言でした

 

「うーん・・・そうですねぇ・・・あなたの鼻は変わらないかも・・・ごにょごにょ」

 

まさかの想定外の発言に言葉が出ませんでした

 

私が受けようとしていたのは小鼻縮小術でも腫れや傷跡の無いボトックス注射だったのですが、私の小鼻には効かないとのこと

 

そもそもボトックスは筋肉を弛緩させる効果があり、例えばふくらはぎなど筋肉があり過ぎてもっこりしてしまっている箇所に打つことで、筋肉が柔らかくなりホッソリとした脚を手に入れることができます

 

もちろんそれは分かっていたのですが、私の鼻翼は全く筋肉がないのかと

 

院長によると、私の鼻翼はほぼ骨で、筋肉や脂肪が付いていないとのこと

 

筋肉であればボトックス、脂肪であればBNLS注射で鼻翼のセリを小さくすることは出来るが、骨はどうにもならない

 

また鼻翼に骨以外の組織が少なく、外へのせり出しも大きいため、内側法やループ式でも満足のいく効果は得られない

 

ということでした

 

そうなると残っているのは一番腫れや傷跡が目立つ外側法しかないんですよね・・・

 

正直、ボトックス注射で鼻翼のセリ出しが小さくなっている症例者ばかり見ていたので、メスを入れる勇気はまだありませんでした

 

ただ僅かなら効果があるかもと言うことで、せっかく意を決してきたわけだし、このまま何もしないで帰るのも嫌だったので、その場でボトックス注射をしてもらうことになりました

 

 

関係ないけど、院長めちゃくちゃ声小さいし何言ってるか分からないし、何よりも私の鼻にメスを入れたくなさそうでした

 

優しいんじゃなくて、弱弱しいだけだった

小鼻縮小術で失敗|ボトックス注射を受ける

同意書を記入し、お会計を済ませいざ施術台へ!

 

「院長は効果ないって言ってたけど、ボトックス注射で私みたいな鼻がスッキリした症例写真たくさん見てきたし、院長予防線張ってるだけなんじゃないの?」

 

そんな風にプラスにプラスに考えていたのを覚えています

 

実際の施術はとても簡単で、鼻翼にボトックスの注射を打つだけ

 

ただボトックス注射って凄い痛いんですよね

 

以前、小顔にしたくてエラに打ったことがあるんですが、もうめちゃくちゃ痛かった!

 

ギュイーー―ン!キィィーーン!!

 

そんな痛みが口の中を回るんです!

 

しかエラの場合は面積も広いので何本も打つ必要があり、何回もグサグサと・・・

 

ただ効果は高く、かなりスッキリしました

 

 

それで肝心の鼻翼のボトックス注射は、まぁエラほどではないけど痛いです

 

筋肉注射って痛いですよね?

 

あれと一緒です

 

その上、顔に打たれてるわけですから恐怖もプラスされてます

 

左右の鼻翼に打って手術は終了

 

時間にして5分もかからなかったんじゃないですかね

 

ダウンタイムも無いので、次回の予約も取る事なく、マスクもせずそのまま帰りました

待てど待てど鼻翼は縮小されず

ボトックスは注射後、3日目から効果が出始め1週間後に効果のピークを迎えます

 

そして私の小鼻はと言うと、ちっっっとも変わりませんでした(´;ω;`)ウゥゥ

 

本当に少しも、1ミリも変わった形跡はありません

 

自己満足に終わるにも終われないほど、微塵も私の小鼻は縮小されませんでした

 

院長の言う通り、私の鼻翼にボトックスは全く意味がないようです

 

ただ1つ学んだのは、同じ鼻でも鼻の形が厚みなどで効果のある術式は変るんだということ

 

だから小鼻縮小と言っても、内側法・外側法・ループ式・ボトックス等いろいろあるわけですもんね

 

結局私の小鼻縮小は失敗に終わってしまいました

 

ただまだ諦めていません

 

私の鼻翼を小さくするには外側法しかないことが分かったんです

 

今は外側法を筆頭に、鼻の手術に定評があるドクターを探しているところです

 

そして1人気になるドクターを見つけたので、次回カウンセリングに行ってこようかと思います

 

そのときのことはまたレポしたいと思います