total-beauty.info
涙袋

【ヒアルロニダーゼ】涙袋のヒアルロン酸を溶解したい|入れ過ぎてしまったときの対処法

Pocket

【ヒアルロニダーゼ】涙袋のヒアルロン酸を溶解したい|入れ過ぎてしまったときの対処法

 

 

プックリとした可愛らしい涙袋は女性男性問わず誰もが憧れるパーツの一つです

ただ誰でも涙袋がプックリしてれば良いかと言うとそうではありません

思いきって涙袋のヒアルロン酸注入をしてみたら、仕上がりが思ってイメージと違ったり、入れ過ぎて不自然になってしまうことも

ヒアルロン酸を溶かす注射があるって聞くけど、一体どんな注射なの?痛みは?値段は?リスクは?

この記事ではそんな涙袋のヒアルロン酸溶解に関する疑問を解決します

涙袋のヒアルロン酸を溶かすヒアルロニダーゼとは

ヒアルロニダーゼとは簡単に言うと涙袋に注入したヒアルロン酸を分解する酵素のことです

加水分解によってヒアルロン酸の酵素をバラバラにすることで、涙袋に入れ過ぎてしまったヒアルロン酸を溶かし、注入する前の状態に戻します

ヒアルロニダーゼの注意点

ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼと反応するとすぐに分解され、低分子化され組織にあっという間に吸収されてしまいます

ヒアルロニダーゼ注入直後は、ヒアルロニダーゼの水分のせいで涙袋がおもいっきり腫れてしまいますが、1時間も経たずにあっという間に腫れも収まります

ヒアルロン酸と一緒でヒアルロニダーゼも、元々体内にある酵素なのでアレルギーの心配はほぼありません

ただ100%無いわけではなく、極僅かな確率でアレルギーを発症する場合もあります

アレルギーが発症して場合でも点滴で良くなることがほとんどですが、場合によっては救急搬送される場合もあります

心配な方はヒアルロニダーゼを使用する前にアレルギーテストをしても良いでしょう

一度ヒアルロニダーゼを注入したあとは、その後すぐにヒアルロン酸を注入しても、まだ涙袋に残っているヒアルロニダーゼが注入されたヒアルロン酸を溶かしてしまうため意味がありません

再度ヒアルロン酸を注入する場合には最低でも1週間は開けた方が良いです

 

またヒアルロニダーゼを注入することで、もともとあった涙袋のヒアルロン酸をも溶かしてしまう場合があります

実際、涙袋にヒアルロン酸を入れ過ぎてしまった私は1週間後にヒアルロニダーゼでヒアルロン酸を溶かしてもらったのですが、注入する前からあった涙袋も無くなってしまい、のっぺりとした顔になってしまったという苦い経験があります

ヒアルロニダーゼの痛み・値段

痛みに関しては、本当に極僅かです

全く無いと言うわけではないですが、ヒアルロン酸注入時の痛みを10とした場合、ヒアルロニダーゼ注入時の痛みは2程度

というのも、ヒアルロン酸注入時は、針を皮膚に刺すチクッとした痛みだけでなく、ヒアルロン酸を涙袋に注入している間も痛みが続きます

しかし、ヒアルロニダーゼは皮膚に刺したあとは痛みがありません

ヒアルロン酸注入時は麻酔をすることがあっても、ヒアルロニダーゼで溶解する際に麻酔を使用するケースがほぼ無いのはこのためです

ヒアルロニダーゼの溶解注射にかかる金額はおおよそ1万~5万程度です

ヒアルロン酸の料金に比例しているクリニックが多いですひ

ヒアルロニダーゼができる人

ヒアルロニダーゼは誰でもできるわけではありません

今、ヒアルロニダーゼでの溶解注射を考えている人は、自分ができる人かどうか確認してみて下さい

涙袋にヒアルロン酸を入れ過ぎて不自然な形になってしまった場合

よくあるパターンが、涙袋を作る際にヒアルロン酸を入れ過ぎて不自然な形だったり、ボコボコとしてしまった場合です

ヒアルロン酸は自然に吸収されるとは言え、無くなるまでには数カ月から年単位の期間がかかります

またそのまま放置してしまうと、多く入れ過ぎた涙袋の皮膚が広がってしまい、ヒアルロン酸が入っているときはいいのですが、無くなったときに皮膚が垂れ下がってしまいます

何回も涙袋にヒアルロン酸注入を繰り返したことで、涙袋が大きく垂れ下がってしまった場合

一度注入したヒアルロン酸は年数が経つと、厚みがなくなり広がることで涙袋が上下に大きくなります

涙袋が上下に大きく広がった状態で再度ヒアルロン酸を注入すると、さらに上下に広がってしまい可愛くなるために注入したはずのヒアルロン酸のせいで、かえって老けた印象の目もとになってしまいます

それを防ぐため、吸収しきれず上下に広がったヒアルロン酸を一度ヒアルロニダーゼで溶かし、再度ヒアルロン酸を入れ直すことで、再び綺麗な涙袋を作ることができます

鼻がモアイ像のように太くなってしまった場合

鼻を高く見せたり鼻筋を作ろうと多くヒアルロン酸を入れ過ぎるとモアイやアバターのような不自然な鼻になってしまいます

また入れ過ぎたヒアルロン酸はその場に留まり続けることが出来ず、横に広がってしまいかえって不格好な鼻になってしまいます

そうなってしまった場合にはヒアルロニダーゼで一度綺麗にヒアルロン酸を溶かす必要があります

鼻にヒアルロン酸を入れる場合には目もとに入れるような柔らかく馴染みやすいヒアルロン酸よりも、硬くそのものが自立できるようなクレヴィエルといったヒアルロン酸がおすすめです

顎が大きくしたの伸びてしまった場合

以前入れたヒアルロン酸を取らずに過剰にヒアルロン酸を追加することで、以前注入した古いヒアルロン酸が周りの組織で無理矢理移行されてしまいます

それにより必要のない部位にヒアルロン酸が動いてしまい表情が不自然なることあるため、古いヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで溶かしてから再注入する場合もあります

ヒアルロニダーゼができない人

ヒアルロン酸以外にものがある場合

ヒアルロニダーゼはヒアルロン酸しか溶かすことができません

その為、ポリアクリルアミド製品やその他の混入剤、レディエッセのようなハイドロキシアパタイト等には全く効果がありません

ヒアルロニダーゼのアレルギーがある場合

ヒアルロニダーゼのアレルギーがあるひとは当然できません

ヒアルロニダーゼによるアレルギーの発症率は1/100と言われています

ヒアルロニダーゼに関するQ&A

ヒアルロニダーゼについてです。
涙袋にヒアルロン酸注入をしたのですが、量が多すぎたためヒアルロニダーゼで溶解したいと考えています。

調べてみると、ヒアルロニダーゼには米国製や韓国製、アレルギーの恐れがあるものや溶けるのが遅いものなど色々種類があることが分かりました。

私が以前ヒアルロン酸を注入したクリニックはかなり安価で、問い合わせたところヒアルロニダーゼは韓国製のものを取り扱っているとの事でした。

ヒアルロニダーゼは質の低いものと高いものでかなり違うものでしょうか?調べても問い合せてもなかなか分かりません。

ヒアルロニダーゼは注入されると直後に溶解されます

ただ、涙袋に注入されたヒアルロン酸との相性にもよります

また今までの注入された回数も関係します

ヒアルロニダーゼ以前に注入されたヒアルロン酸自体も関係されるようですので、素人判断はとても危険です

確かにお値段がピンキリですが、一番良いのは注入した美容クリニックでヒアルロン酸を溶解することです

注入したヒアルロン酸と相性の良いヒアルロニダーゼが準備されているはずです

ヒアルロン酸分解注射をしたら、ヒアルロン酸を注入する以前よりも余計にたるみますか?アドバイスお願いします。

弛んでしまう事はあるかもしれませんが、注入量によっても変わってきます

ヒアルロン酸は、注入した後に表情が不自然になったという方もいらっしゃいますので、使用には注意が必要です

注入の技術でかなり結果は変わってきます

安価系のクリニックでは原産国も違いますし、水で希釈しているところもあります
また豊胸用のヒアルロン酸を顔に使用しているところもあり注意が必要です

まとめ|不自然なヒアルロン酸量であれば一刻も早く溶解すること

不自然なほどの量が入ったヒアルロン酸は、放置せずになるべく早くヒアルロニダーゼで溶かすことが賢明です

放置してしまうとその箇所の皮膚が垂れてしまい老けてみえる原因となります

ヒアルロニダーゼはあまり聞かないワードのため、とても敬遠されがちですが、痛みやアレルギー反応もほぼ無く、安心して使うことができます

納得のいかない涙袋で毎日悩むよりも、一度ヒアルロニダーゼでリセットすることも一つです