トレンド

【お金を貯めたい】平均960万以上貯めている人達が実践している4つのルール

Pocket

Contents

【お金を貯めたい】平均960万以上貯めている人達が実践している4つのルール

将来や老後、子供のために貯蓄をしたいと思っていても、なかなか予定通りにお金が貯まらず悩んでいませんか?

毎月無理なくお金を貯め続けられている人たちのいちばん重要な共通点は、とにかくすべてが超シンプルなこと!

お金の管理方法、時間の使い方、物の買い方、家事の段取りから人間関係まで、全てにおいてシンプルで明快な基準が持っているんです
面倒くさいことや苦手なことは一切なし!
その結果、毎日お金を貯めることばかり考えずとも自然に貯蓄ができ、毎日を笑顔で穏やかに過ごすことができるのです

この記事では毎月貯まる人になるための、やりくりや暮らしのシンプル化の目指し方について解説しています

お金を貯めている人の7つの行動のポイント


貯まらない人は、お金も暮らしもすべてがモヤモヤした状態
どこかで1つでもシンプル化できれば、この負のループから抜け出せるはず!

お金を貯めるための「シンプル」って具体的にどういうことだと思いますか?
実は貯めている人には共通するお金や暮らしの7つのルールがあるんです

お金を貯めている人に共通する7つのシンプルなルール
  1. お金の流れがわかりやすい
  2. 簡単に続けられえることだけやる
  3. 自分の価値観を知っている
  4. 管理できる量しか持たない
  5. 効果が高いことだけやる
  6. 「こうあるべき」という概念を捨てる
  7. まわりの人に流されない

お金の流れがわかりやすい

お金が貯まる人は給料が入ってからどこに貯めて、どこから使うかが明確です
銀行口座やカード類が最小限で貯蓄の仕組みだけでなく、予算の管理もスッキリさせることで、自然に使いすぎを防ぐことができ、結果的に黒字が続いていきます

お金が貯まらない人は・・・

支出の出所がバラバラで、金額が不明瞭なことが多い

共働きで家計の財布が2つ以上、カードや口座が多いなど出所が複雑になるほど使途不明金も増加します
いくら使っているかわかりにくいせいで無駄に気づけず、いつのまにか赤字になってしまいます

簡単に続けられえることだけやる

貯めている人は自分にあわないやりくりは最初から手をつけません
無理せずできることしかやらないのが長続きの秘訣!
そうすることでストレスを感じず、心に余裕を持つことで無駄を見つけやすくなり、貯蓄ペースがどんどん加速していきます

お金が貯まらない人は・・・

形から入って挫折するの繰り返し

ハードルが高い貯蓄目標を掲げたり、「お得そう」などとうわべの情報だけでむやみにまねして結局は挫折・・・その繰り返しです
やりくりに自信が持てなくてストレスがたまり長続きしません

自分の価値観を知っている

貯まる人は「今買えるから買う」ではなく「買えるけど自分にはいらない」という自分の基準をしっかり持っています
本当に欲しい物だけに気持ち良くお金を使うことができるので心が満たされ、無駄買いもなくなります

お金が貯まらない人は・・・

本当に必要な物が見えていない

「必要」と「欲しい」の基準が甘いので、安さやお得に惑わされて無駄な出費をしがちです
お金を使う割合には満足度が低く、次から次へと出費する悪循環に陥ります

管理できる量しか持たない

物の整理ができる人はお金の整理も上手です
把握できる量しか持たないので使わずに無駄にしてしまうことがありません
持ち物や家の中がシンプルだからこそ、必要な物を見極めやすくなります

お金が貯まらない人は・・・

「いつか使うから」と持ちすぎて、中身を把握できていない

「物はお金が姿をかえたもの」という認識が薄い人がほとんどです
使わない物、捨てる物が多い人はそれだけ出費が多い証拠
在庫を管理できないと無駄が増える一方です

効果が高いことだけやる

最小限の努力で最大限の効果がある、コスパのいい方法を選ぶのもお金を貯める体質を作るポイントです
貯めている人はしっかり情報取集をして、一度の見直しで大きく削れる固定費から着手する人が多いです

お金が貯まらない人は・・・

手あたり次第やって頑張ったつもりになっている

10円、20円の節約には一生懸命なのに、通信費や保険は何年も放置など、もったいない努力をしている人もいます
頑張った気分になっても結果が出ていければ意味がありません

「こうあるべき」という概念を捨てる

「やりくりってこういうもの」といったこだわりや先入観に縛られることがありません
固定概念がなく、貯める・残すためだけにどうするかだけを考えている人がお金を貯めている人には多いんです
無駄な出費にもすぐ対応できるので、効率よく貯めることができます

お金が貯まらない人は・・・

イメージに縛られすぎて、空回りしている

「家計簿は細かく書かなきゃ」「節約するならまずここ」など、やり方にこだわり過ぎて、肝心な支出の把握を見落としがち
視野が狭いと目の前の無駄にも気づけません

まわりの人に流されない

「何を優先すべきか」という基準がはっきりしているので、人付き合いや周囲の情報に振り回されることがありません
モノサシが1つなので、やりくりやお金遣いにも迷いがなく、貯蓄を継続できます

お金が貯まらない人は・・・

人に合わせて必要以上にお金を使ってしまう

SNSで見栄を張ったり、「つきあいだから」「みんなやっているから」とランチや習い事に必要以上にお金をかけすぎる傾向があります
他人を基準にしたお金の使い方は浪費の元です

 

貯蓄上手な人はお金はもちろん、物や情報、人付き合いなどあらゆることにおいて常にシンプルなんです
貯まる人の思考は、足し算ではなく引き算で成り立っています
なくてもいい物、ストレスがかかることなどをそぎ落とし、余裕を持って管理できる環境づくりに徹しています

人はやりくりが複雑になればなるほど次第に面倒になり挫折しやすく、物量がキャパオーバーになると余計な出費が増えてしまう傾向があります
自分や家族にとって本当に必要な物を確認するだけでも無駄な出費の判断には有効です

あれこれ手を出す前に、一度普段の生活の中でシンプル化できることがないか考えてみることが、貯まる体質になるコツです

お金を貯めたい人が実践すべき、シンプルな4つのコツ

財形貯蓄などで強制的に貯めてしまえば、あとは年末に総貯蓄額を確認するだけなので気持ちもラクになります

お金が貯まる4つのコツ
  1. 貯蓄先取りで年1回チェックするだけ
  2. 値段に釣られてうっかり買いをやめる
  3. 知らないと損する情報だけ取り入れる
  4. 本当に必要な物以外持たない


ある家庭の家計簿を参考に貯蓄の仕方を解説します

年末に通帳で総貯蓄額だけ確認

月2万円の先取り貯蓄分は、家電購入などの臨時出費で使ってもOK
多少使ってしまっても年に1回チェックして総貯蓄額が目減りしていなければ問題ありません
月ごとに発生する臨時出費に振り回されることがなくなります

月8万は財形貯蓄で先取り。「ないもの」として考える

財形貯蓄は天引きで確実に貯められ、定期預金よりも利率がいいのがメリット
その分は最初から給料にないものと考えてやりくりするようにしたら、無理なく続けられます

+月2万は「使える貯蓄」として分けておく

やりくり費は月6万で収まればOK

細かい費用分けも一切必要なし!
食品だけなら週1万円、日用品を買ったり外食の際は週2万円と調整し、その範囲内(月6万円)で買い物するだけです
クレジットカードは使わないので残金もわかりやすい!

欲しい物や出費予定をメモすることで頭を整理

家計簿をつけるのが苦手という人は、欲しい物や価格を比較したい物があれば、手帳やスマホのメモ機能に残しましょう
書くことで本当に必要なのか冷静に判断することができます

実際に買ってよかった物はレシートごと残して、次に買う時の参考に◎

お金を貯めたいなら、値段に釣られてうっかり買いをやめる

「安いから」と買ったはいいものの、使いきれなかったり、使い道が無かったりと結局たいして使わずに部屋に放置・・・そんな失敗経験は誰にでもあるはず
本当にお得な物や自分に合っている物だけを選ぶことで、無駄買いが一気に減ります

「安いだけ」よりも長く使える「質のいいもの」にシフト

どんなに安くても品質が悪くて長く使えなければ意味はありません
本当に必要なものは値段だけに惹かれず、ちょっと高くても長く愛用できる質のよいものを選ぶことが結果的にコスパも良くなります

特売に合わせるより、決まった店に行くほうが無駄なし!

特売に釣られてふだん行かない店舗に行くと、売り場でうろうろして無駄な買い物が増えたり、素材がイマイチで使えないこともあります
使い慣れた店を絞れば予算も守りやすくなります

2品で10%OFFという言葉に釣られて買った物を反省

2個買えば割引だからと無理矢理選んだ物は、結局使わないことが多いですよね
その反省を踏まえ、今は割引の文字に踊らされず、本当に欲しい物を1個だけ購入するようにしましょう

お金を貯めている人は「知らないと損する」情報だけ取り入れる

お金に関するニュースや制度は知らないと損することがあるので、常にアンテナを張っておきましょう
面倒な節約をするよりも、得する制度を利用したり効果の高い固定費の見直しを積極的に試してみることが大切です

就寝前のスマホは封印!なんとなく買いをゼロに

夜に買い物サイトを見ていると、つい気持ちが緩んでしまい購入ボタンをポチッと押してしまいがちです
寝る前にスマホを見ること自体をやめることで自ずと衝動買いもなくなります

飽和状態のネット情報より、新聞から必要な情報を得る

ネットは情報量が多過ぎて出どころもあいまいなことも
じっくり読める新聞のほうが安心です
思いもよらない新しい情報を手に入れることもでき、知識の幅も広がります

お金の基礎を勉強!チマチマ節約するよりも抜本的な見直しを実感

お金の基礎を知っておくことで回りよりも一歩前に進んだお金の知識を取得することができます
FP(ファイナンシャルプランナー)2級の資格を取得し基礎を知った上で、保険の見直しや格安スマホなどへの乗り換えをすることで固定費を大幅に下げることができ無駄な支出を抑えることができます

外食やレジャーはフリーペーパーでお得情報をチェック

フリーペーパーはお得な情報を入手するだけでなく、付いているクーポンもしっかりチェック!
レジャー施設のクーポンや、割引になる時期を見定めてから行くのも大切です

お金を貯めたいなら本当に必要な物以外は持たない

一つ一つは小さな出費でも塵も積もれば山となって大きな金額になります
しかもたくさん持っていても実際に使用するのはほんのわずかだったりしませんか?
なくても正確に支障が出ないものは購入を控え、持ち物はシンプルにするのが鉄則です!

通勤服はルーティン化!万能に気回せる物を

柄物はコーディネートを考えるのが面倒なので、一層のこと家と自宅の往復だけの日は白いブラウス+モノトーンのスカートかパンツで制服化するもアリ
流行りにも流されないので長く使うことができ、通勤服を無駄に何着も購入しなくて済みます

服は1箇所にまとめて見える化!ダブりや不用品が一目でわかる

夫婦の服は季節を問わず、すべて掛けて収納することで、手持ちの服を一目で確認できます
それにより似た様な服を買ってしまうことや、出番のなくなった不用品の破棄に役立ちます

おもちゃは1ケース分だけ!適度に入れ替えると飽き防止

子どもが遊ぶおもちゃは限られいるのでケース1つで充分です
よく遊ぶものだけをリビングに置き、時々ケースの中身を入れ替えてあげれば飽きずに遊んでくれ、物を増えません

洗剤類のストックは1個まで!物の管理を徹底

特売だし必ず使うものだからとストックを何個も購入してしまうと、棚がごちゃごちゃしてしまい、何がどこにどれだけあるのか把握できず、あるのにまた同じものを買ってしまうことも
ストックは基本1個までにし、ストックがなくなったらその時点で買い足せば無駄買い予防に繋がります

暮らしをシンプルにする小さな行動集リスト一覧

人は面倒なことはそう長くは続きません
面倒なこと、無駄なことにお金も時間も労力も使うのは全くシンプルでは有りません

そのために「やめること」「やること」を見直すことで、気が付けばいつの間にかシンプルな習慣が身につき、無意識にお金を貯められ人になることができます
始めた人からどんどん変わっていきますよ!

生活のシンプル化に必要な4つ行動集
  1. お金の使い方をシンプル化
  2. 情報取集をシンプル化
  3. マインドをシンプル化
  4. 家事の段取りをシンプル化

お金の使い方をシンプル化

特売に釣られたりポイントゲットに躍起になったりと面倒で細かいことはスパっとやめちゃいましょう
お金の使い方こそシンプルを心がけ下さい

やめること

☑財布に多めに厳禁を入れておくのをやめる

☑見切り品を買うのをやめる

☑まとめ買いするのをやめる

☑定期購入をやめる

☑お菓子のお徳用パックを買うのをやめる

☑ネットで「送料無料」の合計額に合うように買うのをやめる

やること

☑家の近所に行きつけのスーパーを作る

☑週末まとめ買いするなら朝一に1人で行く

☑ネット通販は「レジに進む」前に一度ログアウトする

☑ポイントはスマホ専用アプリで集める

☑生活費と小遣いをわける

 

情報取集をシンプル化

今の世の中は情報が溢れすぎています
情報に操られないためには、たくさんの情報を収集するのではなく必要な情報だけに絞ったシンプルな情報収集の仕方が正解!
本当に必要な情報だけを選びましょう

やめること

☑あちこちのスーパーの特売のチラシをチェックするのをやめる

☑選り取り○点買い!をやめる

☑お散歩ついでに買い物をやめる

☑なんとなく買い物に行くのをやめる

☑クローゼットを見ないままセールに行くのをやめる

☑無料だからと何でもやみくもに貰うのをやめる

☑限定○○個限り!残り○点!に飛びつくのをやめる

☑料理をSNSにアップするために食材選びするのをやめる

☑ベッドやトイレにスマホを持ち込むのをやめる

☑人のまねをするのをやめる

やること

☑1日30秒、レシートを見る

☑欲しい物リストをつくる

☑付けっぱなしのテレビを消す

☑買う前に買ったあとのことを想像する

マインドをシンプル化

ややこしいことは考えない、ものに執着しない・・・などマインドをシンプルにすることでストレスも減っていきます
ストレスフリーな生活で心も貯蓄もウキウキに♪

やめること

☑家計簿を細かくつけるのをやめる

☑自分にプチごほうびを頻繁に作るをやめる

☑すぐ収納グッズを買うのをやめる

☑いつか着られるかもしれないをやめる

やること

☑1日に1回、心の中で反省会を開く

☑家族にありがとうを言う

家事の段取りをシンプル化

家事の段取りがシンプルなら、時間も手間も省力化できます
毎日が笑顔になるから貯める意欲もフツフツと沸いてきますよ

やめること

☑洗濯物をすべてきちんと畳むのをやめる

☑毎日頑張って掃除するのをやめる

☑残り物をやたら冷凍するのをやめる

やること

☑休日、出かける前に炊飯器のタイマーをセットする

☑家事をするときはタイマーをセットする

☑きのこは買ったらすぐに冷凍する

☑古いふきん肌着を使い捨て雑巾にする

☑使わない保存容器を捨てる

☑その日の食器をその日のうちに洗う

☑お出かけ前に掃除をする

まとめ|お金を貯めたいなら思考も行動もシンプル化がカギ

お金を貯められるかどうかは収入の格差ではなく、いかにシンプルな生活を送ることができるかどうかがカギになってきます

生活のシンプル化=質素な生活ではなく、日々の思考や行動をシンプル化を意識することで、自然と無理なく楽にお金を貯められる人になっていきます

紹介した内容でまずは今すぐ手が付けられそうな項目を紙やスマホにメモしたら、一つずつ実践に実績を積み上げていきましょう

気が付いたらときに、無意識のうちにお金を貯められるひとになっていますよ!